ホットフラッシュの症状とは

ホットフラッシュの症状とは

突然体がかっと火照ったようになり、真冬でも大量の汗が噴き出てしまうことがありますが、これは更年期障害の症状に多い「ホットフラッシュ」といわれる症状です。ホットフラッシュは人と話している時や、朝目覚めた時など、周りの環境や意識に関係なく発生する、とてもつらい症状です。
ホットフラッシュの原因は、女性ホルモンの急激な減少につられて血管の収縮や拡張をコントロールしている自律神経が乱れてしまい、体温の調節がうまくいかなくなってしまうことにあります。
対処法はいくつかありますが、持病の薬があるので薬はこれ以上増やしたくない方や、副作用が怖いのでホルモン療法には抵抗がある方、病院に通う時間がない方も少なくないでしょう。
このような事情のある方々には、サプリメントの摂取による対応がおすすめです。ホットフラッシュ症状は、サプリメントでケアも可能で、有効なものも分かっています。プラセンタはホルモンバランスや自律神経を調整してくれる働きがあり、ほとんど副作用なくホットフラッシュが治まります。大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の作用をするので、やはり自律神経やホルモンバランスを整えてくれます。